>  > 淡々としているように見えた子

淡々としているように見えた子

彼女の印象はベッドの内外で全然違うものでした。初めは割と淡々としている女の子なのかなって思ったんです。不愛想というわけではないものの、そこまで濃厚ムードを出すでもなく、仕事は仕事。そう割り切っているタイプの風俗情かなと思ったんですよね。もちろんそれは別に悪いとかって話ではなく、そういったタイプなんだろうなと思ったんですよね。でもそれはベッドに入ったら印象が大きく変わりました。ベッドでの彼女は「濃厚な風俗嬢」といったところでしょうか。ベッドの上での彼女は濃厚かつ粘りのあるプレイをしてくれる女の子だったんですよね。それまでの印象とはまったく逆と言っても良いでしょう。そのおかげで自分はとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。正直な所、第一印象からはここまでしてくれるとは思っていなかったんですよ。淡々としたプレイをするタイプの風俗上だろうなと思っていただけに、良い意味で印象を裏切られたんじゃないかなと。

まさかというギャップのある美女でした

物凄く美人で彼女をホームページで見た時、いわば一目惚れのようなものだったんです。それで指名してみたんですけど、彼女の特技はなんとびっくりの空手だったんですよ。まさかと思うじゃないですか。偏見かもしれないんですけど、空手をしている女性って言ったらもっと強そうな気がしたんです。でも彼女はとっても華奢だし、それに体だって肉体派というよりもむしろフェロモンボディ。そんな風俗嬢がまさか空手をしているだなんて思わないじゃないですか。だからかなり意外だなって思ったんですけど、それはネタとかではなく、本当に空手をしていたんです。試しに一発蹴ってもらったんですけど、素人の蹴りではありませんでした。お尻がヒリヒリしましたけど、でもそれくらい本気で楽しませてもらったのでそれはそれでありかなって思いましたね(笑)それに、風俗嬢に蹴られることなんてそうそうないじゃないですか。蹴られたという事実だけでも楽しかったですよ(笑)

[ 2016-10-14 ]

カテゴリ: 風俗体験談